フォト

プロ野球ニュース

無料ブログはココログ

2018/03/06

ゴールデンエイジの今、大切な事!

“ゴールデンエイジ!”
Img_7416
この言葉、すでにご存じの方も多いかと思いますが、最近スカホに入部した親御さんや、これからの親御さんにとっては初めて聞く方も居るかと思います。
「ゴールデンエイジ」とは・・・

一般的には3〜14歳と言われ、「最も運動能力が向上する時期のこと」を指し、「センス(感性・応用力)が備わる・養われる時期とも言われています。



Img_golden_age_2
グラフ引用先:http://cosodachi.com/goldenage-0609/


ゴールデンエイジは子供の成長に合わせて次の3段階にわけられてます。

1.プレゴールデンエイジ 3〜8歳
神経系が急速に発達する時期で、体の使い方の基礎が養われる時期です。出来れば、特定のスポーツだけではなく、いろんな動きにチャレンジすることがよいとされています。親としては、子供が興味を示しそうなものをどんどん与えて、一緒に遊んであげるとよいでしょう。幼児の内はなにしろ大人の真似して成長しますよね。運動においても見たことを真似る、感じたことを身体で表現させる「身体表現能力」をこの時期から磨いておくことも理想です。
リズムに同調させる運動をさせたり、ボール投げの遊びで指先から脳に刺激を与えたい時期だと“野球好きの私”は思っちゃいます。
そう、身体の柔軟性もこの時期から意識したいですね。
室内でゲーム遊びで体を使ってないと、せっかくの才能を眠らせたままにしてしまいますね。
 
2.ゴールデンエイジ 8〜11歳
神経系の発達が90%に達します。この時期になると、見ただけで即座に習得することができると言われています。
但し、プレゴールデンエイジできちんと基礎的な動きが備わってればですけどね。
筋力はまだないので、身のこなし、器用さを養いたい時期ですね。

3.ポストゴールデンエイジ 11〜14歳
神経系が成熟し発達が止まってしまう時期です。
筋肉、骨格が発達するこの時期は、ゴールデンエイジで身につけたテクニックを実践で生かすパワーが養われます。身長も急速に伸び始める時期でもあり、骨端症などの成長期に患いやすいスポーツ障害には気を付けたい時期です。
テクニックの習得には不向きで、どちらかというと戦術を身につけたり、頭を使って上達していく時期になります。
「自らの課題を発見し、克服していく」というより質の高い練習が求められます。


さて、前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。(笑)


私が今思うのは、学童野球を行う子供らにおいては

この時期に大事なのは、

野球というスポーツを通して、『学ぶ』チカラ・『考える』チカラをつけさせる事です。


以前、私がお父さんコーチをしていた頃に参加した、ある「講習会」での事。

講師として、プロ野球の一軍ヘッドコーチや、二軍監督もされた方からお話を聞く機会が有りました。その方はメンタルコーチングでも著名な方でした。

講演の冒頭いきなり、

「怒る」「教える」「やらせる」のスリーパンチで子供を指導してはいけないと言われました。


「褒める」っていうのは必要だとは知ってたけど、えっ!「教えるな」って・・・(-_-;)

詳しく話を聞いてみると...

怒れば怒るほど選手は萎縮し、
教えれば教えるほど選手は考えることをやめ、
やらせればやらせるほど、サボろうとするのです
お子さんには「教える」ではなく「気付かせる」「考えさせる」、
「やらせる」ではなく「取り組ませる」

そういう工夫をしてください。

受身になって、向上心が育たたず、メンタル面でもほとんどの子にとって良い事はない。
子供達には運動をさせるのと同時に、「学ぶ・考える」という要素をもっと与えるべき。

というものでした。

今思うと

試合で出す「サイン」もそうかなって思う。
出せば出すほど選手が「考えなくて済んでしまう」のかもしれない。

もちろん、公式戦で戦略的な作戦には欠かせないけど、


「この状況、(当たり前じゃないからな!(笑)) お前に任せたぞ!」ってサインも “アリ👌” なのかな😁


学童から、中学、高校と野球に取り組む子供を見てきましたが、
上にいくと状況による「判断力」「対応力」「応用力」が求められます。
そして「自らをすぐさま修正出来る能力」も必要だと感じます。

これには「感じる」チカラ「学び・考える」チカラが欠かせません。
お子さんがゴールデンエイジの今、是非意識してみて下さい!
お家での会話の部分でも出来る事がいろいろ有ります!

2018/02/14

絶対勝つぞー!オーッ!

こんにちは!2018の活動が始まって一か月が経ちました。
この間、記録的な大雪snowなどもあり活動が出来ない週もありましたが、まぁそれでも子供達は雪合戦など、楽しんでおり、週末のグランドでも元気一杯です。baseball
さて、今年度の国分寺スカイホークスは、高椙前代表の遺志を引き継ぎ、伏見新代表のもとスタートしました。

先日、久しぶりにグランドにお邪魔して、伏見代表にお話を伺う事が出来ました。good

~代表に就任して一ヶ月が経ちました。今のお気持ちを。~

本年度よりチーム代表の大任を仰せつかりました伏見です。よろしくお願いします。
入団以来、ずっと審判員としてチームと寄り添ってきました。 この度、代表となりまして、久しぶりにホームグランドで一日を過ごし、練習を眺めることとなりました。
先日行われた練習試合からベンチにも入り始めました。
日々選手、監督、コーチの熱い思いに浸っています。なかなか楽しいですね。


~さて、子供達の野球離れが深刻です。何かお考えは有りますか?~

そうですね。今年のスカイホークスも子供達の総勢で20名を切る人数でスタートします。
特に低学年の選手確保・育成、他チームとの連携模索が急務となっております。
子供達の野球離れを示すデーターは衝撃的ですが、野球というスポーツの歴史と規模、裾野の広さは他のスポーツに引けを取りません。私は 再び子供達を野球の世界に連れ戻す可能性は残っている と思っています。今日の野球離れの深層にある問題点に対して 謙虚に反省 をし、我々にも取り組める部分に対しては とにかくやってみる事。 まずはそこからですね。
チームの垣根を越え、連盟と協力し合う事業への取組みなども必要と思われ、少年野球を愛する仲間たちとこの問題を解決していけたらと思います。


スカイホークスのスローガンは発足以来ずっと変わりません。
それは 

「選手が主役!」 

というものです。

そして、合言葉は

「絶対勝つぞ、オーッ!」

であります。改めて私はこの言葉を今年の活動方針に据えました。
「選手が主役!」という ぶれない信念のもと
今年も元気一杯、選手、保護者、スタッフが一丸となって闘うことを誓います。
皆様、乞、ご期待!応援、よろしくお願いします!



~SNS管理人より~
高学年チームにもなるとスカホの選手達は、試合前に必ず「絶対勝つぞー、オーッ!」と叫びます。
「絶対勝つぞー」と言っても、もちろんスカホは勝利至上主義ではありません。
活動していく上で、勝つ事だけを目的としているわけではなく、選手たちが勝つことを意識して試合に挑むことが大切と考えます。自由奔放に楽しければ良い、勝つ事なんて必要ないという考えも学童スポーツにあるかもしれませんが、
「勝つぞー」と挑んで負けてしまった時に、はじめて「くやしさ」を感じられると思います。
「負け」と向き合ってこそ「次への頑張り」につながり、子供達の成長にとってそれが必要不可欠なんだと感じます。
そして野球は仲間がいて、いろいろなことを仲間と共有できる、野球のそんなとこも私は大好きです。(o^-^o)
Sukaho_bouya_2018c_2

2018/02/10

野球肘ゼロへの願い!

久しぶりのスカホBLOG更新です (;^_^A

ヤキュイク!というお父さんとお母さんのための少年野球サイトのコラムに良い記事が有ったので、ご紹介します。

【少年野球質問箱】5回にいつも崩れるピッチャー、原因は腕の振り?肩のスタミナ?(→コチラ)

「腕を振れ!」“野球あるある”ですね
 
smile
Baseball_pitcher

さて、野球肘の予防においては「投げる時の肘の高さ」とか「腕のストレッチ」などと思われがちですが、肘の高さも悪くないのに「なんであの子が野球肘?」なんて事も起きています。
先日スカホFacebookでご紹介した野球肘検診の記事でも下半身のタイトネス(筋緊張)をチェックしていた写真がありますように、いわゆるスポーツ整形外科のメディカルチェックの現場では下半身の動き(股関節の可動域)や筋肉の柔軟性も確認されるのが当たり前で、とても重要な要素です。

このヤキュイクの記事を読むとピッチングにおける下半身の重要性もよく理解出来るかと思います。

ピッチャー君には肩や肘のストレッチだけでなく、大腿四頭筋、ハムストリング、ヒラメ筋、腓腹筋など(簡単にいうと太ももの表と裏&ふくらはぎ)のストレッチもW-UpやC-Downメニューに必ず入れたいものです!

ストレッチメニューについては下記リンク先もご参考に!

「野球ストレッチ メニュー」→コチラ

ストレッチの効果を高めるタイミングは身体が(筋肉が)温まっている時です。
寒い冬に、身体が冷え切っている状態で行うのは特に逆効果...
また、心身リラックスしている入浴後のストレッチは断然おすすめです!
親子で一緒にやればご自身の健康のためにもなり、W効果ですね(笑)

では、また!

2017/07/05

ドキドキ?いや、バクバクだぁ!

7/2 市内新人戦の一回戦が行われました!

新人戦は来年度のAチームを担う、五年生以下の選手達が主役です。

トーナメント形式で行われるので、負ければ終わり。。。
今年のAチームで出場していた五年生選手も、やや緊張の面持ちcoldsweats01

低学年で主力として出ていた選手にとっても高学年野球への入り口とあって、「ドキドキ!」です。heart02

また、最近スカホに入団したふたりの一年生選手にとっては「はじめて!」がたくさん!

はじめてのボールボーイだったり…heart02
Img_20170702_17

そして、ベンチ前で、腕を組みたいのに、
Img_20170702_15
なかなか想いが伝わらず・・・、
Img_20170702_14
「ねぇ、やろうよ!うでくみ!」
Img_20170702_13
やったぁ~~~happy01  はじめての「えんじん~sign03

で、試合は。。。というと・・・

5点を追う最終回裏の場面に、キャプテンの三塁打!相手のエラーなどで二点を返し、

Img_20170702_04
監督の指示に緊張が走る選手

さらに四球などで二死満塁!

前の打席で二塁打を放った長打が期待できるバッターに回りました。

ここで守備側タイム!がかかる。スカホ側はイケイケ!だー

ここで監督がカメラを構える私に耳打ちear

「バッター撮って、緊張で顔が引きつってる~\(;゚∇゚)/」

Img_20170702_01
彼のバクバク!heart02catfaceを感じて下さい!

最後は、いろいろあってバクバク君が打たずに走者アウトで試合終了!
Img_20170702_19

まっ、これも「少年野球~!」baseball

2017/06/30

アイシングについて!

こんにちは!

今回はよく質問を受ける アイシング についてです。
一緒に掘り下げてみましょう!
アイシングには大きく言うと目的別に2つあります。

① ひとつは「スポーツ外傷」(打撲・捻挫など)を負った時などの応急処置として行うアイシング。

② もう一つは投手などが投球後に行う「疲労回復」を目的としたアイシングです。
①については「RICE処置」とも言われています。
Img_ice3_gif_2
画像引用先:http://www.zamst.jp/

打撲や捻挫など怪我の直後はRICE処置が基本となります。患部を冷やすために氷が必要になりますが、手元にない場合もあると思います。

ドラッグストアなどでは 叩くと30分くらいアイシング効果が得られる商品が販売されているので、いざというときにとても便利です。携帯性に優れていますのでお薦めです。

小学生の場合は15分くらいで一旦アイシングを止め(凍傷予防のため)、腫れが大きい時は40~60分くらい経過したら再びアイシングを行います。受傷の程度にもよりますが、専門医に診てもらうまではこのサイクルでアイシングを行いましょう。
受傷後24~72時間までは冷やすのが良いとされています。


②「疲労回復」を目的としたアイシングについて

これはクールダウンの方法の一つです。

運動前に行う「ウォーミングアップ」に対して、運動後に行う「クールダウン」ですね。
クールダウンはとても大切です。

激しい運動量であればあるほどクールダウンが必要です。


運動を行なっている最中は筋肉も収縮を繰り返すので血液も循環しているのですが、急に運動を終えると、筋肉に疲労物質が滞ってしまいます。


これをそのままにしてしまうと筋肉が「コリ」の状態に向かう場合があります。(←骨端症などの発症リスクを高めます)


試合後のクールダウンについては、こちらのコラムがわかりやすくまとめられているのでご紹介します。
(→こちら)

このコラムの中では質問者が中学硬式のピッチャーですが、学童軟式ピッチャーの場合は答えの解説「肩や肘の正しいケアを教えます…」以下を参考に読んでください。
(※硬式球になるとボール自体の重みも増し、関節にかかる負荷も多くなります。それゆえ関節を保護する意味でのアイシングもクールダウン方法の一つですが、学童軟式では関節にかかる負荷(炎症)はそれほど無いと言われています。)


筋肉の繊維が切断と書いてあるとドキッ!とされるかもしてませんが、以前「スポーツと食事!(疲労回復編)」で書いたように、運動すれば筋肉は傷つき→回復を繰り返し、太くなっていきます。

アイシングを行うと冷やされることで一旦は血管が収縮しますが、アイシング後に拡張作用によって血流が多くなり、疲労物質の除去に効果があるとされています。

Img_0_m
またコラム解説の中の「ゆっくりとしたジョギング」とは「会話が出来るほどのペース」と思ってください。(これにより、心拍が程よく上がり、全身の血流が促進されます)
学童軟式レベルでのクールダウンで大事なのは、体内(全身)の血液循環を促し、疲労物質が運動によって疲れた筋肉に留まるのを防ぐ事だと思います。=骨端症の予防


尚、野球肘などのスポーツ障害から復帰段階の選手は専門医の指導に従って、クールダウンを行ってください。

ではまた!

2017/06/13

勝ちごはんPart2!

こんにちは!

スカホBLOGの2017/04/08「スポーツと食事」(→こちら) でご紹介した日刊スポーツで連載中『スポーツ栄養士・川端理香さんの「勝ちごはん」』というコラムですが、
アスレシピ というサイトのコラムでもご覧になれます。


ジュニア選手を応援「勝ちごはん」

Katigohan_1

私が2017/04/08のブログの中では「朝食はごはんがおすすめ!」と紹介しましたが

・「朝のエネルギー補給はおにぎりもクリームパンもOK、献立で調整」
というタイトルのコラムを読んでみると、パン食・ごはん食 それぞれの朝食での献立の工夫も紹介されていて、参考になるかと思います。

これから、暑い夏に向かいます。
熱中症の予防には塩分や水分補給はよく知られるところですが、栄養もとても大事です。
こちら→のサイトの「栄養補給編」も参考にして下さい。
ミネラルやビタミンB1などの他、暑い時期のスポーツで怪我をしないためにカルシウムもとても重要。
カルシウムは身体への吸収に時間がかかるので、前日の夜からこれらの栄養を多めにとる事も勝負前夜!にはおススメですよ。(献立がんばって!(o^-^o))


PS
「勝ちごはん」のこのコラム(→こちら) にとても惹き込まれましたΣ( ̄ロ ̄lll)
ノルマや「タッパ飯」よりもおかず
我が家の高校球児もノルマ、ノルマ(笑)
タッパに白飯を詰めこむだけのほうが作る方は楽だけど、
食べてる姿に「苦」を感じる事も。
こういうスポーツ栄養管理士さんの考えや取組みが広く評価されますように!

やはり、「食」もスマイルhappy01 が基本ですよね。

2017/05/25

スポーツ障害(骨端症とは?)について

こんにちは
毎年、GWごろから夏に向けてのこの時期は大会が多く、スカホの選手達も大忙し。(笑)
Baseball_home_closeplay
しかしながら、一方では、連休中の試合や練習で疲労がたまり、スポーツ障害が起こりやすい時期でもあります。

なんといっても「早期発見」が大切です。「大したことない!シップしていれば大丈夫!」ということから、見過ごされてしまうこともあるかもしれません。

スポーツで生じる怪我には、

瞬間的な外圧によっておこる「スポーツ外傷」(骨折、捻挫、打撲など)と

繰り返しの動作・運動によって痛みなどの症状が現れる「スポーツ障害」があります。

今回は、成長期に起きやすいスポーツ障害のうち、

とりわけ「骨端症」について少しお伝えしようと思います。
小学生も4年生ぐらいから(個人差はありますが)身長が伸びるスピードが早まります。

身長が伸びる=[骨]が育つ

でもあるのですが、この時期の骨は両端に柔らかい骨があり、骨端線と呼ばれる部分から骨が伸びていきます。
Kottann01
画像引用先 http://www.saiseikai.or.jp/medical/column/sports_injuries/


成長期の骨や関節は成長軟骨があるので構造的に弱いのが特徴です。


スポーツを行う事で、繰り返しの動作、運動によって、筋肉のしなやかさが奪われ、固くなってしまうと、図のように骨や関節の付着部に付く筋肉により、強いけん引力が骨端線周辺に繰り返し働くようになり、炎症が起きはじめます。

これがいわゆる骨端症と言われる障害です。

進行すると骨端線周辺での骨の病変(剥離骨折など)に及ぶ事があり、長い期間の治療が必要となる場合もあります。


成長期で、骨端症があらわれる部位は


軟式野球を行うお子さんでは「肘の内側」「肩の外側」「股関節」「膝の下」「すね」「かかと」「くるぶしの下」「足裏」などに痛みが出ることがよく知られています。

もちろん、野球をする時のポジションをはじめ、運動量の差、投げる時のフォームの違いや元々もっている柔軟性も個人差があり、すべての子が発症するわけではありません。


スポーツ障害の予備知識を多くの大人が持つことで、野球肘をはじめとするスポーツ障害の予防につながればと思います。

いずれも早期に専門家に診てもらい、治療を開始することがなんといっても大切です。

はじめのうちは戸惑うこともあると思います。心配事はなんでも身近なチームスタッフに相談して下さい!

野球を思い切り出来るコンディションを維持する事が

「野球を楽しむ!」上でも、とっても大事ですよね!

そう、baseballスマイルベースボール!happy01のために…

2017/05/17

はじめの一歩!

5月14日(日) 第1回「スカホ野球教室!」を行いました。
年中さん~小学校3年生までのお子さんにご参加頂きました。(/ ^^)/
Img_051412
スカホの一年生、二年生、バッファローの一年生にも一緒に参加してもらい、盛り上げてもらいました!

野球教室はスカホでは新しい取り組みとなります。
スカホでも子供達の野球離れが深刻で、いろいろと話を聞いていく中で、幼稚園・保育園に通っている時に何かスポーツを子供に習わせたいと思っても身近な環境に「野球とふれあう機会」が全くなく、親御さんが「野球」に興味があっても、サッカーなどに流れていってしまっているのかと強く感じました。

地域の学童野球チームとして

幼児も含めて、子供達にとって

野球に親しむ〝きっかけ〟をサポート出来るようになれたらと思います。

先ずは、スカホにいる子供達の弟さん、妹さん、お友達、お母さん方のお知り合いから少しづつ、少しづつ広げていけたらと願うばかりです。

この日は野球の中でも子供達が一番大好きな「バッティングgoodー」を中心に行いました。
Img_051406
Img_051407
Img_051409
Img_051410
Img_051408
Img_051416
Img_051415

子供達の笑顔を見ていると、「はじめの一歩」となる きっかけ作り の大切さ をあらためて感じた 第1回目のスカホ野球教室 でした。

第二回 スカホ野球教室も頑張ります!

みんな来てね~happy01

baseballスマイルベースボール!baseball

2017/05/12

♪ベンチの選手に大きな拍手♪

5/7 高学年チームは「J:comジャビットカップ国分寺大会」の決勝戦で勝利し、優勝する事が出来ました。
おめでとうsign03
Img_0670_2

このブログの「大きなチカラ!」でもお伝えしましたが、
今年の高学年チームは試合に出場している選手以外にもベンチに「素晴らしいなー」と感じる選手が何人も居ました!
控えの選手ひとりひとりが自分の役割を判っており

〝やらされている〟のではなく〝取り組んでいる〟

そういう姿に 試合を観戦するごとに感動しましたsign03
例えば
Img_0674 彼!

三塁コーチャーとして、とても良い判断が出来ており、彼が居ると居ないとで試合の展開が変わるだろうなーと感じました。(少年野球レベルではかなりGood!
三塁に向かうランナーに「さあ、どっちだー」ととっさに思ってしまうプレーもあるのですが、彼はしっかりと「ゴー」か「ストップ」かを指示しています。good

Img_0677  
この選手もgoodいいね!
特に仲間を応援する姿にグッときました!
キャッチャー防具を付け、補助員としての働きもしておりました。
普段はとても〝はにかみ王子〟ですが、試合では とても「かっこイイ!」 

Img_0676_3
そして彼!
ボールボーイとして本当に一生懸命!
試合進行の影の功労者とも言われるボールボーイの仕事をキビキビと行う姿に「すごいなー」と感心します。
時に、味方打者がファールとなったときにバットを拾い、打者に手渡すフォローも出来ており、思いやりのある優しい選手なんだろうなぁーと感じてます。happy01


他にも外野に飛んで行ったファールボールをダッシュで拾いに行ったり、守備から戻ってくるメンバーにノリノリでお出迎えする選手がいたり、ベンチに入っている一人一人がそれぞれの役割を出来ており、やるべき事の「気づきflair」がしっかりできていると感心しました。
 
これからの暑い時期は体力的にも精神的にも集中力が維持しにくくなりますが、頑張って下さい。
 
お父さん、お母さんだけでなく、多くの方が君たち一人ひとりを見て、応援していますので、これまでにない「強い、そして立派な 2017スカホAチーム 」を築いて欲しいと思います。

頑張れ~~~\(^o^)/

<おまけ>
優勝の瞬間、「普段のW-UPとか、君…こんなに飛べてたっけ?」と思うくらい、物凄いジャンプを見せて喜びを表現してた選手が居たので披露します!camera
Img_0671
こっちのcameraでも、別のアクションが映ってましたeye(笑)
Img_0672
今度、W-UP 見ているからな~!(*^m^)

2017/05/02

強い気持ち!

4/30 市内春季大会決勝トーナメント 高学年チームも低学年連合チーム「スカバ」も準決勝で惜しくも敗退となりました。weep

先ほど、高学年チームの応援に行っていた方から、写真が届いたのですが、最後の場面、選手が流す涙sweat02に、私も胸が熱くなりました。

(悔しさから学んで、強くたくましくなって欲しいと思います。)


さあ、気持ちを切り替えて!

スカホ高学年チームは5月4日に
J:comジャビットカップ国分寺大会の準決勝があります。頑張ろう!
Jyabitto_logo

昨夜、NHKのプロフェッショナル仕事の流儀という番組にマー君(楽天~ニューヨークヤンキース)が出ていましたね。(番組情報は→こちら

マー君と言えばグローブに「氣持ち」と必ず刺繍していることで有名です。

野球は「気持ち」がプレーに及ぼす影響は意外に大きく、

例えば、前向きな気持ちで向かう場合と

プレッシャーに近い気持ちで向かう場合とでは

大きな違いがあります。

例えば、
「この試合、勝たなくては!」という気持ちは…どうでしょうか?

誰しも、「○〇しなければ」と考えると、

慎重になり、身体が動きにくくなります。そういう気持ちの時に、仮にうまくいかないと「焦り」を生むなど、試合の流れが相手に傾いてしまうことにつながるそうです。

「三振したらどうしよう…」とかの弱気な気持ちもダメです。

しかし、単純に

「○〇したい!」という気持ちだけで、伸び伸びとプレー出来るのかと言うと

試合には展開があるので、「どうしよう」とか「やばい…」と思ってしまうこともあり、なかなか難しいですよね。

ピンチになって、気持ちをリセット出来る方法は…?

ひとつは仲間の応援に耳を傾ける事。

「よーし、やってやる!」という前向きな気持ちになればパワーアップ間違いない\(^o^)/

また、マー君の場合、

ピンチになると、とにかく「強気、強気、強気!」と自分に言い聞かせたそうです。

マー君はピッチャーなので

「ここでフォアボールを出したらどうしよう」とか

「ここでヒットを打たれたらどうしよう」とか、マイナスの結果は絶対考えないようにしていたそうです。

「自分で作ったピンチ!バッターも強い気持ちで向かってくる。気持ちで引いたら、そこで負けだ!」

「強気!強気!強気!」で幾度もピンチに立ち向かったそうです。

だから、グローブには「氣持ち」の刺繍。
Mlb14030103360001p10

スカホで野球を頑張る子供達にもたくさんの経験をして、たくましく育って欲しいと思います。

マー君のギアが上がった姿は見ていてホントカッコいいですね!

«大きなチカラ!