フォト

プロ野球ニュース

無料ブログはココログ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017/05/25

スポーツ障害(骨端症とは?)について

こんにちは
毎年、GWごろから夏に向けてのこの時期は大会が多く、スカホの選手達も大忙し。(笑)
Baseball_home_closeplay
しかしながら、一方では、連休中の試合や練習で疲労がたまり、スポーツ障害が起こりやすい時期でもあります。

なんといっても「早期発見」が大切です。「大したことない!シップしていれば大丈夫!」ということから、見過ごされてしまうこともあるかもしれません。

スポーツで生じる怪我には、

瞬間的な外圧によっておこる「スポーツ外傷」(骨折、捻挫、打撲など)と

繰り返しの動作・運動によって痛みなどの症状が現れる「スポーツ障害」があります。

今回は、成長期に起きやすいスポーツ障害のうち、

とりわけ「骨端症」について少しお伝えしようと思います。
小学生も4年生ぐらいから(個人差はありますが)身長が伸びるスピードが早まります。

身長が伸びる=[骨]が育つ

でもあるのですが、この時期の骨は両端に柔らかい骨があり、骨端線と呼ばれる部分から骨が伸びていきます。
Kottann01
画像引用先 http://www.saiseikai.or.jp/medical/column/sports_injuries/


成長期の骨や関節は成長軟骨があるので構造的に弱いのが特徴です。


スポーツを行う事で、繰り返しの動作、運動によって、筋肉のしなやかさが奪われ、固くなってしまうと、図のように骨や関節の付着部に付く筋肉により、強いけん引力が骨端線周辺に繰り返し働くようになり、炎症が起きはじめます。

これがいわゆる骨端症と言われる障害です。

進行すると骨端線周辺での骨の病変(剥離骨折など)に及ぶ事があり、長い期間の治療が必要となる場合もあります。


成長期で、骨端症があらわれる部位は


軟式野球を行うお子さんでは「肘の内側」「肩の外側」「股関節」「膝の下」「すね」「かかと」「くるぶしの下」「足裏」などに痛みが出ることがよく知られています。

もちろん、野球をする時のポジションをはじめ、運動量の差、投げる時のフォームの違いや元々もっている柔軟性も個人差があり、すべての子が発症するわけではありません。


スポーツ障害の予備知識を多くの大人が持つことで、野球肘をはじめとするスポーツ障害の予防につながればと思います。

いずれも早期に専門家に診てもらい、治療を開始することがなんといっても大切です。

はじめのうちは戸惑うこともあると思います。心配事はなんでも身近なチームスタッフに相談して下さい!

野球を思い切り出来るコンディションを維持する事が

「野球を楽しむ!」上でも、とっても大事ですよね!

そう、baseballスマイルベースボール!happy01のために…

2017/05/17

はじめの一歩!

5月14日(日) 第1回「スカホ野球教室!」を行いました。
年中さん~小学校3年生までのお子さんにご参加頂きました。(/ ^^)/
Img_051412
スカホの一年生、二年生、バッファローの一年生にも一緒に参加してもらい、盛り上げてもらいました!

野球教室はスカホでは新しい取り組みとなります。
スカホでも子供達の野球離れが深刻で、いろいろと話を聞いていく中で、幼稚園・保育園に通っている時に何かスポーツを子供に習わせたいと思っても身近な環境に「野球とふれあう機会」が全くなく、親御さんが「野球」に興味があっても、サッカーなどに流れていってしまっているのかと強く感じました。

地域の学童野球チームとして

幼児も含めて、子供達にとって

野球に親しむ〝きっかけ〟をサポート出来るようになれたらと思います。

先ずは、スカホにいる子供達の弟さん、妹さん、お友達、お母さん方のお知り合いから少しづつ、少しづつ広げていけたらと願うばかりです。

この日は野球の中でも子供達が一番大好きな「バッティングgoodー」を中心に行いました。
Img_051406
Img_051407
Img_051409
Img_051410
Img_051408
Img_051416
Img_051415

子供達の笑顔を見ていると、「はじめの一歩」となる きっかけ作り の大切さ をあらためて感じた 第1回目のスカホ野球教室 でした。

第二回 スカホ野球教室も頑張ります!

みんな来てね~happy01

baseballスマイルベースボール!baseball

2017/05/12

♪ベンチの選手に大きな拍手♪

5/7 高学年チームは「J:comジャビットカップ国分寺大会」の決勝戦で勝利し、優勝する事が出来ました。
おめでとうsign03
Img_0670_2

このブログの「大きなチカラ!」でもお伝えしましたが、
今年の高学年チームは試合に出場している選手以外にもベンチに「素晴らしいなー」と感じる選手が何人も居ました!
控えの選手ひとりひとりが自分の役割を判っており

〝やらされている〟のではなく〝取り組んでいる〟

そういう姿に 試合を観戦するごとに感動しましたsign03
例えば
Img_0674 彼!

三塁コーチャーとして、とても良い判断が出来ており、彼が居ると居ないとで試合の展開が変わるだろうなーと感じました。(少年野球レベルではかなりGood!
三塁に向かうランナーに「さあ、どっちだー」ととっさに思ってしまうプレーもあるのですが、彼はしっかりと「ゴー」か「ストップ」かを指示しています。good

Img_0677  
この選手もgoodいいね!
特に仲間を応援する姿にグッときました!
キャッチャー防具を付け、補助員としての働きもしておりました。
普段はとても〝はにかみ王子〟ですが、試合では とても「かっこイイ!」 

Img_0676_3
そして彼!
ボールボーイとして本当に一生懸命!
試合進行の影の功労者とも言われるボールボーイの仕事をキビキビと行う姿に「すごいなー」と感心します。
時に、味方打者がファールとなったときにバットを拾い、打者に手渡すフォローも出来ており、思いやりのある優しい選手なんだろうなぁーと感じてます。happy01


他にも外野に飛んで行ったファールボールをダッシュで拾いに行ったり、守備から戻ってくるメンバーにノリノリでお出迎えする選手がいたり、ベンチに入っている一人一人がそれぞれの役割を出来ており、やるべき事の「気づきflair」がしっかりできていると感心しました。
 
これからの暑い時期は体力的にも精神的にも集中力が維持しにくくなりますが、頑張って下さい。
 
お父さん、お母さんだけでなく、多くの方が君たち一人ひとりを見て、応援していますので、これまでにない「強い、そして立派な 2017スカホAチーム 」を築いて欲しいと思います。

頑張れ~~~\(^o^)/

<おまけ>
優勝の瞬間、「普段のW-UPとか、君…こんなに飛べてたっけ?」と思うくらい、物凄いジャンプを見せて喜びを表現してた選手が居たので披露します!camera
Img_0671
こっちのcameraでも、別のアクションが映ってましたeye(笑)
Img_0672
今度、W-UP 見ているからな~!(*^m^)

2017/05/02

強い気持ち!

4/30 市内春季大会決勝トーナメント 高学年チームも低学年連合チーム「スカバ」も準決勝で惜しくも敗退となりました。weep

先ほど、高学年チームの応援に行っていた方から、写真が届いたのですが、最後の場面、選手が流す涙sweat02に、私も胸が熱くなりました。

(悔しさから学んで、強くたくましくなって欲しいと思います。)


さあ、気持ちを切り替えて!

スカホ高学年チームは5月4日に
J:comジャビットカップ国分寺大会の準決勝があります。頑張ろう!
Jyabitto_logo

昨夜、NHKのプロフェッショナル仕事の流儀という番組にマー君(楽天~ニューヨークヤンキース)が出ていましたね。(番組情報は→こちら

マー君と言えばグローブに「氣持ち」と必ず刺繍していることで有名です。

野球は「気持ち」がプレーに及ぼす影響は意外に大きく、

例えば、前向きな気持ちで向かう場合と

プレッシャーに近い気持ちで向かう場合とでは

大きな違いがあります。

例えば、
「この試合、勝たなくては!」という気持ちは…どうでしょうか?

誰しも、「○〇しなければ」と考えると、

慎重になり、身体が動きにくくなります。そういう気持ちの時に、仮にうまくいかないと「焦り」を生むなど、試合の流れが相手に傾いてしまうことにつながるそうです。

「三振したらどうしよう…」とかの弱気な気持ちもダメです。

しかし、単純に

「○〇したい!」という気持ちだけで、伸び伸びとプレー出来るのかと言うと

試合には展開があるので、「どうしよう」とか「やばい…」と思ってしまうこともあり、なかなか難しいですよね。

ピンチになって、気持ちをリセット出来る方法は…?

ひとつは仲間の応援に耳を傾ける事。

「よーし、やってやる!」という前向きな気持ちになればパワーアップ間違いない\(^o^)/

また、マー君の場合、

ピンチになると、とにかく「強気、強気、強気!」と自分に言い聞かせたそうです。

マー君はピッチャーなので

「ここでフォアボールを出したらどうしよう」とか

「ここでヒットを打たれたらどうしよう」とか、マイナスの結果は絶対考えないようにしていたそうです。

「自分で作ったピンチ!バッターも強い気持ちで向かってくる。気持ちで引いたら、そこで負けだ!」

「強気!強気!強気!」で幾度もピンチに立ち向かったそうです。

だから、グローブには「氣持ち」の刺繍。
Mlb14030103360001p10

スカホで野球を頑張る子供達にもたくさんの経験をして、たくましく育って欲しいと思います。

マー君のギアが上がった姿は見ていてホントカッコいいですね!

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »