フォト

プロ野球ニュース

無料ブログはココログ

« 勝ちごはんPart2! | トップページ | ドキドキ?いや、バクバクだぁ! »

2017/06/30

アイシングについて!

こんにちは!

今回はよく質問を受ける アイシング についてです。
一緒に掘り下げてみましょう!
アイシングには大きく言うと目的別に2つあります。

① ひとつは「スポーツ外傷」(打撲・捻挫など)を負った時などの応急処置として行うアイシング。

② もう一つは投手などが投球後に行う「疲労回復」を目的としたアイシングです。
①については「RICE処置」とも言われています。
Img_ice3_gif_2
画像引用先:http://www.zamst.jp/

打撲や捻挫など怪我の直後はRICE処置が基本となります。患部を冷やすために氷が必要になりますが、手元にない場合もあると思います。

ドラッグストアなどでは 叩くと30分くらいアイシング効果が得られる商品が販売されているので、いざというときにとても便利です。携帯性に優れていますのでお薦めです。

小学生の場合は15分くらいで一旦アイシングを止め(凍傷予防のため)、腫れが大きい時は40~60分くらい経過したら再びアイシングを行います。受傷の程度にもよりますが、専門医に診てもらうまではこのサイクルでアイシングを行いましょう。
受傷後24~72時間までは冷やすのが良いとされています。


②「疲労回復」を目的としたアイシングについて

これはクールダウンの方法の一つです。

運動前に行う「ウォーミングアップ」に対して、運動後に行う「クールダウン」ですね。
クールダウンはとても大切です。

激しい運動量であればあるほどクールダウンが必要です。


運動を行なっている最中は筋肉も収縮を繰り返すので血液も循環しているのですが、急に運動を終えると、筋肉に疲労物質が滞ってしまいます。


これをそのままにしてしまうと筋肉が「コリ」の状態に向かう場合があります。(←骨端症などの発症リスクを高めます)


試合後のクールダウンについては、こちらのコラムがわかりやすくまとめられているのでご紹介します。
(→こちら)

このコラムの中では質問者が中学硬式のピッチャーですが、学童軟式ピッチャーの場合は答えの解説「肩や肘の正しいケアを教えます…」以下を参考に読んでください。
(※硬式球になるとボール自体の重みも増し、関節にかかる負荷も多くなります。それゆえ関節を保護する意味でのアイシングもクールダウン方法の一つですが、学童軟式では関節にかかる負荷(炎症)はそれほど無いと言われています。)


筋肉の繊維が切断と書いてあるとドキッ!とされるかもしてませんが、以前「スポーツと食事!(疲労回復編)」で書いたように、運動すれば筋肉は傷つき→回復を繰り返し、太くなっていきます。

アイシングを行うと冷やされることで一旦は血管が収縮しますが、アイシング後に拡張作用によって血流が多くなり、疲労物質の除去に効果があるとされています。

Img_0_m
またコラム解説の中の「ゆっくりとしたジョギング」とは「会話が出来るほどのペース」と思ってください。(これにより、心拍が程よく上がり、全身の血流が促進されます)
学童軟式レベルでのクールダウンで大事なのは、体内(全身)の血液循環を促し、疲労物質が運動によって疲れた筋肉に留まるのを防ぐ事だと思います。=骨端症の予防


尚、野球肘などのスポーツ障害から復帰段階の選手は専門医の指導に従って、クールダウンを行ってください。

ではまた!

« 勝ちごはんPart2! | トップページ | ドキドキ?いや、バクバクだぁ! »

スポーツと怪我」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 勝ちごはんPart2! | トップページ | ドキドキ?いや、バクバクだぁ! »